トップページ

設立の趣旨

設立の趣旨

 アドベンチャーレースは、自然の中に設定された難コースをチームワークで突き進んでいくアウトドアスポーツ競技です。
自然の脅威に晒されることや素晴らしさに触れることから、自然に対する畏敬の念を感じるようになります。また、仲間との対峙も強烈に迫られ、自分がどんな人間なのかさえも考えさせられる機会を与えてくれます。迫りくる難題を何度も切り抜け、自然と調和し、仲間と共にゴールを目指す。この経験は実社会でも力強く生き抜いていく力を育みます。『対自然、対人間、対自分』をキーワードに、現代人が忘れつつある人間性を自然との接点から取り戻すことができる素晴らしい競技です。

 ここ数年、日本でも少しずつ愛好者が増えてきているアドベンチャーレースですが、国内イベントの多くは遊び的要素の大きい初心者向けのものが殆んどとなっています。愛好者の裾野を広げる意味では大変良いことですが、『対自然、対人間、対自分』の面での厳しさが無ければ本来のアドベンチャーレースの魅力が普及されません。 そのために国内でも本格的なレースを開催して真のアドベンチャーレースの魅力を体現していかなければなりません。そして、本来の魅力を持った大会を増やしていかなければなりません。 本協会では、このような理由から本格的なアドベンチャーレースの開催を主な事業とすることをまず手始めの活動目的としていきます。

 また、レース愛好者が増えるにつれ、残念ながら事故も起きています。一般的にも自然に対して無頓着な行動を取ることによる事故は山でも海でも川でも多く、その度に自然と接する機会の少ない現代日本人への警鐘だと感じています。従って、今こそアドベンチャーレースの主催者、参加者ともに自然に対しての接し方を謙虚に学び、正しい付き合い方とマナーを広めていかなければならないと感じています。

 日本人に自然との付き合い方を学ぶ機会を作り、その提案を幅広く広め、いずれ行政にも働きかけ教育にも取り入れさせたい。子供ほど自然の中で遊ばせ、学ばせる機会を与えなければならないと感じています。それにはまず大人が自然に対し正しい知識で向き合う必要があります。大人が身を持って自然の中の危険や摂理を経験し、子供たちにしっかり伝えていかなければなりません。

 本協会は、国内でのアドベンチャーレースの普及と選手の育成、さらには高いレベルの競技性の追及のみならず、広く子供から大人まで多くの人々にこの競技の楽しさ及び素晴らしさを伝えるために気楽に楽しめる範囲の競技内容も提供して、自然と人間の関わりを感じられる新しいスポーツとして認知されるように努力するものです。そのためにも各アウトドアスポーツの業界、団体とも連携して幅広く活動していくことを目指します。

 本協会は常に世界的な流れを汲み、日本国内における競技の公正かつ安全な運営を行うための基準を定め、それに基づいた大会運営を行います。そして、アドベンチャーレースを通じてアジアを中心とした多くの国々との国際親善を推し進め、世界の人々がこの競技を通じて交流し理解を深め、世界中が平和で明るくなるように努力をするものです。

日本アドベンチャーレース協会 理事長 田中正人

最終更新日  2010年11月24日

日本アドベンチャーレース協会とは

設立の趣旨

定款

組織図

入会案内

お問合せ

日本アドベンチャーレース協会

日本アドベンチャーレース協会は、健全な「アドベンチャーレース」を日本に普及させる事を目的として、アドベンチャーレースを楽しんでいる人、これから楽 しむ人、また主催者双方にとって有意義な組織の運営を目指しています。 みなさまのご協力を、お願いいたします。

  • ファミリーアドベンチャー
  • 日本アドベンチャーレース協会オリジナルグッズ 第1弾 熊鈴
  • アドベンチャーレーシングジャパンシリーズ
  • 日本ロゲイニング協会
日本アドベンチャーレース協会