トップページ

イベント情報

アドベンチャーレース

アドベンチャーレース トレーニングキャンプ入門編in岐阜 4/9(土)&10(日)

アドベンチャーレース トレーニングキャンプ入門編in岐阜 4/9(土)&10(日)

「アドベンチャーレースってやってみたいけど、何から始めていいの?」と言う人のためのトレーニングキャンプ入門編を開催します。

アドベンチャーレースには欠かせないナビゲーション、マウンテンバイク、ロープアクティビティ、ウォーターアクティビティを織り交ぜ、大切なポイントだけお教えします。

「地図が読めない」「マウンテンバイク乗ったことない」「ラフティングしたことない」「ハーネスのつけ方を知らない」などなどと言う方、まずはこちらのトレキャンに参加して、アドベンチャーレースってどんなものかを体験してみませんか?

講師は日本アドベンチャーレース協会会長でもあるプロアドベンチャーレーサー田中正人(チームイーストウインド主将)。ここにアウトドアスポーツのプロフェッショナルでもあるアウトドアサポートシステム(ODSS)が初心者に対して手厚いサポートをしながら、アドベンチャーレースに欠かせない種目をポイントを押させて伝授します。

 img487af85566f32.jpg


img487af84492a06.jpg
(ナビゲーションの練習)


【開催日】
2010年4月9日(土)~10日(日)

【開催地】
岐阜県郡上市美並町

【主 催】
日本アドベンチャーレース協会

【協 力】
㈱アウトドアサポートシステム(ODSS) 

【催行最小人数】
10人

【内 容】
1日目 ナビゲーション、マウンテンバイク
2日目 ロープアクティビティ、ラフティング

【講 師】 
田中正人(プロアドベンチャーレーサー)


【参加対象】
マウンテンバイク・・・登り/下りに自身がない
オリエンテーリング・・・・コンパスの使い方、地図の読み方が分からない
ロープアクティビティ・・・やった事がない、自信がない
ラフティング・・・やった事がない、自信がない

【参加費】  
●1日目 7,000円(KOCCiメンバーは6,000円)
●2日目 9,000円(KOCCiメンバーは8,000円)


【装備レンタル費】
※マウンテンバイク&ヘルメットのレンタル代 3,000円
※ハーネス+下降器+カラビナのレンタル代  1,000円
※コンパスのレンタル代 500円
※両日の朝食と昼食は各自でご用意ください。

【宿泊について】
■リバーベース長良川仮眠所(相部屋) 500円
※宿泊キャパに制限がありますので、エントリーの早い方から予約を受付ます。

■河原駐車スペースでのテント泊 無料

 
【その他近隣の宿泊施設(各自で手配をお願い致します)】
緑風荘
ホテルマリーバル石金 
フォレストパーク373 
粥河バンガロー村 


【夕食&交流会】
ODSSにてBBQ!食事はご提供いたしますが、飲み物、おつまみ等は各自にてご持参ください。
ご希望の方 1,500円(アルコール類は持参)
※この交流会で是非チームメイトを探してください!

【受付集合】
09:00 ㈱アウトドアサポートシステム リバーベース長良川
※4月9日(1日目)も4月10日(2日目)も同じ場所です。
※1日目はマウンテンバイクで出られる準備をしてから、受付にお越しください。


【送迎について】
駅までの送迎あり。ご希望の方は①②のどちらをご希望かエントリーの際ににご連絡ください。
①長良川鉄道越美南線八坂駅
②JR岐阜駅(現地まで1時間かかりるので8時集合)


【ナビゲーションの持ち物】
●コンパス(プレートコンパスが使いやすい。スント、シルバ、レクタなどの一流メーカーの製品が信頼できる)(レンタルあり)
●フリースジャケット(マイクロ100程度のもの。防寒用の中間着として大変有効です)
●レインウエア(ゴアテックスなどの透湿防水性のものを勧めます)
●防水マップケース(ジップロックで代用可)
●水筒(キャメルバッグに代表されるチューブ付きタイプが便利。2リットルくらいの容量を勧める)

【マウンテンバイクの持ち物】 
●マウンテンバイク(レンタルあり)
●ヘルメット(レンタルあり)
●手袋(軍手でもOK)
●靴(自転車に適したもの、スニーカーでも可)
●ゴーグル、スポーツ用グラス(必須ではないがあると良い)
●運動にふさわしい服装(長袖、長ズボンで肌の露出しないもの)(おそらく泥で汚れます)
●あれば携帯用の工具、ポンプ、スペアチューブ

【ラフティングの持ち物】
●水着(要はウエットスーツの下に着用)
●濡れてもよい靴(スニーカーや踵が固定できるスポーツサンダル等)
●眼鏡の方はメガネバンド、コンタクトレンズの方は水泳用ゴーグル

【ロープアクティビティの持ち物】
●クライミングハーネス(レンタルあり)
●下降器(レンタルあり)
●セルフビレイ用のスリング2本(レンタルあり)
●安全環付カラビナ3枚(レンタルあり)
●グローブ(なければ軍手でも良い)
●ヘルメット(マウンテンバイクと兼用してください)

【全種目共通の持ち物】
●飲料水と行動食
●持ち帰り用ゴミ袋
●タオル
●保険証またはそのコピー
●宿泊される方は、夕食用の各自の飲み物(近くにコンビニあり)

【その他】
●1日目に参加の方は昼食
●2日目に参加される方は2日目の朝食と昼食(1日目に参加で電車でお越しの方は夕方にコンビニまで送迎車を出します)

※持ち物がよく分からない場合は無理に購入せず、レンタルを推奨します。  
また質問がありましたら、どんな細かい事でも構わないので、遠慮なくお問合せください。

【申込方法】
こちらからエントリーしてください。
 
※当サイトよりお申込み頂いた方で、3日以内に事務局より連絡のない場合は、info@east-wind.jpにご連絡をください。システム上、うまく送信されていない場合がございます。


【申込〆切日】
2011年4月2日(土)


【振込先】
以下4つからお選びください。
● 群馬銀行 水上支店 普通 0320290
  イ-ストウインド・プロダクション 田中正人
● ゆうちょ銀行 記号 10400 番号 25054161 
  口座名義 タナカ マサト
● 三菱東京UFJ銀行 インターネット支店 普通4678047
  口座名義 タナカ マサト
● ジャパンネット銀行 本店営業部  普通5757410 
  口座名義 タナカ マサト  

※お振込を確認次第、正式参加とさせていただきます。


 【キャンセル】
講習会参加をキャンセルする場合、4月2日(土)までのキャンセルは全額返金いたします(ただし返金の振り込み手数料は引かさせていただきます)。

4月3日(日)~7日(木)までのキャンセルは参加費の50%、8日(金)~当日にキャンセルされる場合は参加費の100%のキャンセル料が発生しますので、あらかじめご了承ください。


【問合先】
日本アドベンチャーレース協会
(イーストウインドプロダクション内)
〒379-1611 群馬県利根郡水上町鹿野沢637 M3-2 
TEL&FAX 0278-72-9292  
担当:竹内靖恵
E-Mail:info@adventure-race.net

 img487d53e8c66ca.jpg
(マウンテンバイクの練習)


過去のアドベンチャーレース初心者講習会に参加した人からの声

【S.M 30代女性】
社会人になって10年間これといった運動もしていませんでしたが、ひょんな事からアドベンチャーレースに出ることになり、デビューレース直前にこの講習会に参加しました。
服装はもちろん道具もままならないまま、右も左も分からない状態での参加でしたが、プロの講師陣が何事も1から丁寧に教えてくれ、参加者の体力・スキルに合わせてサポートしてくれるので、安心して参加することが出来ました。
マウンテンバイクの乗り方、地図の読み方・コンパスの使い方、懸垂下降、ラフティングの漕ぎ方といった盛り沢山の内容を、仲間と共に楽しみながら会得することが出来ました。
また、こういった技術面はもちろんですが、アドベンチャーレースには欠かせない「チームワーク」を学ぶことが出来たのがこの講習会での最大の収穫かもしれません。
実際に世界のレースで活躍している講師から教わる「チームワーク」はとても説得力があり、アドベンチャーレースにこれを欠かすことは出来ないという事を学びました。
以降、さらに数回講習会に参加し、今ではその都度ふえた仲間たちと一緒にレースに出場しています。

IMGP2435.JPG
(ロープアクティビティの練習)


【T.Y 30代女性】
ほんの数年前まで、「アドベンチャーレース」という言葉さえ知らなっか超ド素人の私が、この講習会に参加したきっかけは、本当に好奇心だけでのものでした。
ただ、「自然にかかわる」という理由だけで、少しでも知識を得たいと思って参加したのが、きっかけ。「懸垂下降ってなぁに?」から始まって、面白そう!と単純に思っただけ。こんなので参加してもいいのかな?という不安な気持ちでいっぱいでした。
でも、そんな私にも教えてくださった講師の皆様やスタッフの方々は、本当に温かい気持ちで迎えてくださいました。講習の内容はもちろん専門的なのですが、初心者にもわかりやすく、どんな小さな疑問でも答えてくださいます。
自 分が「できない」と思っていることでも、「やってみる」という勇気とチャンスを与えてくれ、小さな可能性をも最大限に引き出してくれる講習会です。ただやり方を教えるだけではなく、チームワークとは何か、個人としてチームでどうあるべきか、という精神的な部分でも得られる事が多いのが、この講習会のすばらしいところだと思いました。
どんなに体力があっても勝てる事のないこのレースでは、知識・技術はもちろん、個々の意識(責任)がチーム全体にかかわるという事が、実際のレースでは経験できます。

IMGP2449.JPG
(ロープアクティビティの練習)

【M.D  20代男性】
① わかりやすいよ!
アドベンチャーレースとは何か?プロの面々がとてもわかりやすく教えてくれます。アドベンチャーレースでは、様々なアドベンチャースポーツに挑戦することになります。そのため、網羅的に基礎的な知識を身につけておくことが大切です。この講習会ではレース出場にあたり必要な技術・装備・心構え等、その 真髄を学ぶことができます。 僕のアドベンチャーレースのスキルは、ここで培ったといっても過言ではないかもしれません。今でも、僕は基礎を振り返るため、積極的に参加するようにしています。
② 仲間が増えるよ!
アドベンチャーレースは、一人では参加できないのがポイント。この講習会に参加することで、様々な仲間が増えました。
③ 安いよ!
参加費を見て「高いな~」と思う方もいるかもしれません。ところが・・・講習会を終わってみると、「安かったー」と思って帰ることになります。得した気分になります。それだけ中身が「濃い」ですよ! 満足して水上を後にすることでしょう。

IMGP1471.JPG
(ラフティングの練習)


【S.M 30代女性】
私が始めてこの講習会に参加させてもらった時は、とりあえず一通りの経験はあったものの、まだまだ初心者レベルを抜け出せなかった時です。
もちろん一から丁寧に教えてくれるし、アドベンチャーレースならではの事を数多く教えてもらえれるので、実際のレースで役に立った事は言うまでもありません。

【その他の声】
★ラフティングについて
沈した時の対処方法、。舵の取り方など普通のツアーでは学べない事を教われる。机上講習で川の流れを学べたのもよかった。

★ナビゲーションについて
机上講習から始まって、すぐに実践できるのがいい。ポイントを抑えて、地形の読み方等など学べる。

★懸垂下降について
経験するに限る種目なので、何回も繰り返し出来るのがいい。
種目を学べるだけでなく、友だちも作れるのも嬉しかったですね。1人で参加しにくいと思ってる方もいるかもしれませんが、一緒に参加してるまわりの人達とはすぐ仲良くなれますよ。参加に迷われてる方、一歩踏み出してみる事をおすすめしまーす。

img488005dfcb1a5.jpg
(ロープアクティビティの練習)





最終更新日  2011年2月18日